投稿者:院長 今川さん

  • Q

    第一回コラム追加

    2008.09.16

    FUT vs MFU株+FU株のコラム

    9月3〜7日にカナダのモントリオールで国際毛髪外科学会総会が開かれ初日にFUTとMFU株+FU株のどちらが良いか?のホットなディベートが行われました。
    FUT側の植毛医達は私と同じ主張でしたが、MFU株+FU株側についたStraub博士がMFU株を使う場合下の注意点が必要だと主張しておりました。
    ・いつでもMFU株よりFU株を多く使うべき
    ・いつでもMFU株のまわりにFU株を植えるべき
    ・黒髪では1回目にMFU株を使うべきではない
     黒髪では2回目の手術でも注意

  • A

    Re:第一回コラム追加

    2008-09-17

    今川先生

    お疲れ様です。国際学会の話、参考になりました。
    特に、先日先生からご指摘のあったW.Unger博士も、
    ほぼFUTに変更されてたのは驚きです。

    ・黒髪では1回目にMFU株を使うべきではない
     黒髪では2回目の手術でも注意が必要

    について、黒髪では使用するべきではない

    この理由は、以前先生がコラムでご指摘されたとおりの
    理由(肌とののコンストラストの強さ、アジア人はFU密度が少ない等)以外の理由もあるのでしょうか?

    また、2回目でMFUを利用する理由は何でしょうか?

    --------------------------------------------------------------------------------
    Re: 第一回コラム追加 医療法人 横美会 - 2008/09/17(Wed) 12:02

    R様

    ご投稿ありがとうございます。
    Straub博士がのべたのは「黒髪だと明るい色調の頭皮の場合色の対比が強く、大きい株では田植え状態の不自然さがより際立つ」ということです。
    逆にブロンドの白人や、黒人の場合ヘアと頭皮の色の対比が弱いのでそれが目立たないということになります。
    2回目に1回目の移植毛の間にMFU株を植える場合、その欠点は第一回目より目立たないかもしれないということ以外、欧米の場合一株いくら?の手術費の設定ではその方が手術費用が安くできることにつながるという主旨です。
    ちなみにStraub博士は植毛界の重鎮で家族ぐるみのおつきあいをしておりその晩も一緒に一杯やったのですが、彼がおもしろいことを口演で話しておりました。
    アメリカで30のいろいろな職業の信頼度(世間から信用されている度合)を調査したところ一番信用できる職業はナース、二番目が薬剤師だったそうです。
    弁護士もけっこう下位にランクされ、最低の30位は車のセールスマン、29位はなんと広告宣伝上手な開業医だったとのことです(笑)。

    院長 今川

返信フォーム

暗証番号を入力した投稿者以外は回答できません。回答の際には、暗証番号を必ずご入力ください。
暗証番号を忘れた、暗証番号を入力していなかった方は、御手数ですが新規にご質問フォームよりご質問ください。

再度同じスレッドにレスする場合に必要になります

数字4桁でご記入ください

投稿された質問は回答付きで本サイトに公開されます。

気になること、薄毛の悩み、
植毛技術のこと等、
お気軽にご相談ください