投稿者:TOOさん

  • Q

    無題

    2004.09.25

    以前にそちらで溶ける糸を使用した手術をうけて一ヶ月以上になりますが、いまだにドナー部に糸が入っているようなツッパリ感があり、外側の白い糸は十日ほどでとれたのですが、いまだにところどころですが皮膚の中よりナイロンっぽい透明の硬い糸がでている状態なのです。これらはいつ頃になればなくなるのでしょうか?強くひっぱれば出血しながらも取れたのですが、皮膚に埋まっていた結び目の部分などを見る限り、このナイロンの糸は少しも溶けているようには見えなかったのですが..。
    自分ではカットも出来ないのでいつまでこの状態なのか少し

  • A

    Re:無題

    2004-09-25

    ご投稿ありがとうございます。
    吸収糸でドナーを縫い合わせる場合皮内にPDSといって透明で2~3ヶ月で溶ける吸収糸(ナイロン糸ではありません)を使います。これはテンションで巾を持つことを予防する役目で使っております。
    外側はもっと早く取れてくる吸収糸を使い2層に縫っております。
    外側の糸はもう溶けたようですが皮内のPDSが頭を出しているようです。時々そのようなことがありますが、しばらく経つと引っ張れば取れてきます。放っておいても溶けてしまいます。ただもしいらっしゃれるようなら処置できますしいらっしゃれない場合でもご連絡お待ちいたしております。

    院長 今川

気になること、薄毛の悩み、
植毛技術のこと等、
お気軽にご相談ください