投稿者:おとわさん

  • Q

    植毛

    2005.02.01

    お尋ねいたします。
    植毛は禿げの進行を食い止めるものでは無い為、アフターフォローとしてはやはり様々な育毛や脱毛予防に努めるべきだと思います。
    現段階では植毛後に行うフォローアップとして、?プロペチアやロゲイン、ケトコナゾールなどの併用 ?育毛サロンでの定期的施術 ?独自の方法 などがあると思います。?はともかくとして、?と?についての今川先生のお考えとして、コスト面を無視した「成果」としての、移植後の最適な頭の現状維持を考えた場合、どちらが効果が高いのでしょうか? 学術データの揃っている?が優位かもしれま

  • A

    Re:植毛

    2005-02-01

    Re: 無題 横美会 -
    ご投稿ありがとうございます。
    おっしゃるように薄毛の進行を止めたりヘアの絶対数を増やすことができるのは薬物治療ですが①、②について私は育毛サロンで行っていることは少なくとも男性型薄毛の方にはあまり評価できないと考えています。
    つまり、男性型の薄毛はDNA(遺伝的なファクター)が本質であり結果的に頭皮の過剰分泌などおこるので、その結果を改善しても原因はなんら改善されないと思います。
    頭皮を清潔にすること、マッサージなどで血行改善に努めることはヘアの環境改善であり、全然無意味だとは思いませんが、ホームレスの方のように清潔にできない場合も薄毛になるとは限りませんし、ヘアライン~ツムジだけ薄くなることの説明もできません。いつも言うのですが、頭皮に良いことと男性型脱毛症(若ハゲ)に良いことは次元が違います。気持ちの良いこと(マッサージ)によるリラクゼーションの有効性は認めますが、それに費やす経済的負担とのバランスを考えてということでしょう。
    育毛サロンは若ハゲに有効だという公正な第3者が下したデータがない以上医師としてはそれについて肯定できないということです。医療機関は最終的に訪れる場所ですし、多分医師の説明の方が他の業種より信頼性が高い(少なくとも現在のところは)はずですから科学的根拠のないこと、同業の植毛医の多くが否定的なものは勧められないことを理解してください。
    もちろん独自の方法による育毛をうたっているクリニックがあるのは存じていますが、①以外に有効性の証明もありません。もしそれが有効なら来院した個々の患者を治療するより事業として不特定多数の方に、例えばデパートなどで売り込んだ方がよほど儲かります(笑)。
    ③に関しては、証明のないものが効かないとは断定できないとしても大穴の馬券を買うように当てるのはとても難しいということです。


    院長 今川





    Re: 無題 S.Y. -
    私は、①育毛サロン②医療機関での薬物治療③こちらで医療植毛手術の経験者です。
    個人的ではありますが、感想を書かせていただきます。
    サロンに通ったのは10年ほど前から2年間ですが、目に見える効果は感じませんでした。
    地方のマイナーなサロンでしたので、コストは抑えられていましたが、有名サロンでも宣伝費等を考えると内容に格段の違いがあるとは思えませんでした。2年前から1年程、医療機関での薬物治療を受け、ミノキシジルタブレットとフィナステリドを使いましたが、これも現状維持以上の実感はありませんでした。そこで昨年7月に思い切ってこちらで植毛手術を受けましたが、7ヶ月が経過し明らかな効果を感じています。植毛は値段が高いと言われますが、育毛サロン等で実感がないままコストだけがかさむ事と比較したらコストパフォーマンスは非常に高いと感じます。私が自信を持ってすすめられるのは、やはり植毛手術です。とは言っても外科手術ですのでクリニック選びをしっかりとして、確かな情報を集めることが必要だと思います。自身のドナーの太さ、密度も重要です。私も決断までには4年間かかりました。その間に得た情報の中には育毛サロンで思ったような効果があったという第三者の声は、残念ながら見つかりませんでした。今現在は自宅でミノキシジル5%を使い、気楽にケアをしています。





    Re: 無題 横美会 -
    皆様にも参考になる貴重な体験談ありがとうございます。
    私自身も植毛は薄毛治療の選択肢として今の時点では最善と考えますがそれには『リーズナブルに行われたら』という前提が必要だろうと思います。
    もう一つ当たり前のことですが『良い技術で行われれば』ということも前提となります。
    手術の結果はすべて完璧とは限りませんし、リスクも説明せず他の選択肢の欠点をあげつらって植毛をPRするのは少し身勝手かもしれません。
    私も含め全ての植毛クリニックはそれを肝に銘じるべきです。

    院長 今川





    Re: 無題 おとわ -
    今川先生 たいへん詳細なご回答を頂き感謝しています。確かに育毛サロンはコストと結果が必ずしも一致しない訳ですから、長期的に考えても植毛がベストだという事がわかりました。ただ、発毛専門と謳う某クリニックもあり、育毛サロンと何が違うのかなとも思います。
    ちなみに先生は、世界の学会等で最先端の技術を習得・発表されていると思いますが、ここ1年以内に先生のクリニックで採用を検討している手技はありますか? ありましたら是非教えて下さい。他科のドクターも良く言われる事ですが、やはり臨床データがないと新しい手技には手を出しにくいものなのでしょうか? 

    そしてS.Yさん。大変参考になります。実は私も某かつらメーカーと
    発毛クリニックがタッグを組んでやっていた発毛サロンに通いましたが、産毛以降は元に戻っただけでした。費用対効果なら断然植毛ですね。今はまだ予算不足で躊躇していますが、下手な遠回りは無駄足のようですね。どうもありがとうございました!




    Re: 無題 横美会 -
    口の悪い言い方をすれば「発毛専門」というのは「植毛が苦手なクリニック」ということでしょう。アメリカでは本来薬物治療の得意なはずの皮膚科医が盛んに植毛を行っています。
    薬物の限界があるからに他なりません。ヘア治療専門をうたうからには薬物・手術両アプローチをマスターすべきです。
    実際にそのようなクリニックも少しずつ患者を実験台(?)にして植毛のトレーニングをしているようですよ。
    技術的に自信をもてたら今度は「植毛クリニック」に鞍替えすることになるでしょう。

    技術的なことですが、現在行っているFUTはより高い精度にこだわるようにしたいと思います。
    また、新しい技術についてはやはりFUEの導入についての検討です。
    NHIのDr.Rassman(アメリカでとてもビックネームです)がFUTだけでなく、FOXやFUEの名付け親です。アメリカではFUEを始めて発表しましたし、オーストラリアのWOODとちがって学会など学問の場で詳細な技術とデータを他の医師たちにオープンにしました。とても立派なことだと思います。多くの植毛医はビジネス中心でレストランのレシピ宜しく一般の方にPRしても大切なところは口をつぐんでしまいますから。
    ちなみにDr.Rassmanは昨年国際毛髪外科学会で金賞(アカデミー賞に例えれば主演男優賞)を授賞しております。私も同時に賞を頂いた(アカデミー賞に例えれば特別賞)縁もあり、前からの友人でしたが今回とても親しくなりました。

    追伸
    No.6036の4行目の「頭皮」は「皮脂」の間違いでした。
    申し訳ありません。

    院長 今川

気になること、薄毛の悩み、
植毛技術のこと等、
お気軽にご相談ください