投稿者:インザーギさん

  • Q

    植毛と薬

    2015.01.29

    はじめまして、初めて質問させていただきます。
    私は23歳で頭頂部が薄くなりはじめています、頭頂部にはプロペシアは有効だと思いますが、副作用(性欲減退、やる気減少、睡眠障害、食欲不信)などが強く出てしまい、すぐに使用をやめました。
    現段階でプロペシアを飲めないとなると、このまま進行を待つしかないのでしょうか?
    ミノキシジルも同じく副作用が強く使えませんでした。やはり髪より健康の方が大事なので使用中止しました。


    将来かなり薄くなってしまった場合植毛を検討中ですが、仮にAGAの最終段階まで進んでしまった場合

  • A

    Re:植毛と薬

    2015-01-29

    インザーギ様

    AGAの最終段階といえばノーウッド分類のクラス7に当たります。
    あなたの家族や親戚の方の薄毛の状態は参考になりますが、すべての方がクラス7に進むわけではありません。
    統計によればクラス7は50~59才でAGAの方の3%、60~69才では16%、クラス6と7を合わせても35%とのことです。
    “それなりに満足”の状態は個人個人違いますが、生え際を濃くして正面からの印象を改善する最少株(本)数は2000株(4000本)、可能な限り濃くしたいのであれば数回の施術で6000株(12000本)が一応ドナーの限界だろうと思います。
    ただこれだけ頑張っても十分な濃さを達成できる面積は150㎠(男性の手のひら1.5個分の広さ)です。
    2000株~6000株を1~3回の施術で行うとしたら、その費用は当院の場合現時点で合計100~300万円かかります。

    ヨコ美クリニック
    院長 今川

返信フォーム

暗証番号を入力した投稿者以外は回答できません。回答の際には、暗証番号を必ずご入力ください。
暗証番号を忘れた、暗証番号を入力していなかった方は、御手数ですが新規にご質問フォームよりご質問ください。

再度同じスレッドにレスする場合に必要になります

数字4桁でご記入ください

投稿された質問は回答付きで本サイトに公開されます。

気になること、薄毛の悩み、
植毛技術のこと等、
お気軽にご相談ください