横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

掲載記事

一覧に戻る

再生医療でAGAは解消できるか?:日刊ゲンダイ
2011年4月28日掲載

実用化までにはかなりの時間が必要

薄毛治療の分野で、かなり前から研究されているのが毛母細胞を分離増殖させて再生させる方法です。
いわゆるクローン技術と言われるものです。動物実験では成功していますが、ヒトへの応用と安全性についてはまだ検証段階。実用までには長い時間が必要です。

再生医療について

ところが近年、クローン技術とは別に、脂肪から採った幹細胞を頭皮に注入する”再生医療”を行うクリニック
が増えている事に懸念しています。
一部のクリニックで盛んに行われている再生医療と称する”HARG(ハーグ)”があります。ハーグは、
細胞成長因子や各種ビタミン、血行促進剤などを配合したものを注入しますが、こちらは患者さん自身から
採った脂肪細胞を使っています。友人の植毛医が実際に試した事があり、私も注目していたのですが、
納得できる結果はほとんど得られなかったし、もちろん第三者的な評価も定まっていません。

食品医療薬品局(FDA)が認める治療法
■男性型脱毛症に有効なエビデンスがある治療法は、今のところ植毛などの外科治療と「プロペシア」「ミノキシジル」
の3つだけだとしています。
■港に氾濫するさまざまな育毛システムの問題点は、結果が出なかった時のセーフティネットもなしに、 ほぼすべての人の毛髪が生えるかのようなインフォメーションをする事です。
植毛掲載記事

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ