横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

掲載記事

一覧に戻る

免許があれば植毛が出来てしまう:日刊ゲンダイ
2010年10月21日掲載

インド毛髪会議2010について

インドで開かれた毛髪会議のテーマの1つは「メガセッション」です。植毛の2大命題である「自然さ」と「濃さ」を実現する最良の薄毛治療法と言われています。当院院長が、現時点で最も美しいと言うのが植毛先進国欧米で多くのクリニックが採用している「FUT」男性ホルモンの影響を受けにくく薄毛になりにくい後頭部や側頭部からドナー(移植毛)を採取し、それを顕微鏡下で1つの毛穴(1~3本の毛と皮脂線、起立線などが1セットになったもの)ごとに株分けし、患部に1株ずつ移植する治療法です。

重要な術前のカウンセリングで一人一人のシナリオを作る

この本の冒頭に紹介されている最重要用語が「株」です。(株は毛髪治療(植毛や薬物治療)において採取した髪を植えるときの単位)
ひとつの株にひとつの毛穴(FU・フォリキュラー・ユニット)になるまで分割してから植える事をFUT(フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)と呼びます。
FUTは現在の国際的な標準術式とされており、治療後の自然さという点で評価が高く、毛穴が複数ある株はMFU(マルチ・フォリキュラー・ユニット)と言い、この株を混ぜた術式はFUTとは区別されます。本書では、このような難しい専門的用語も図説で分かりやすく説明しています。

女性の薄毛にも自毛植毛等の毛髪治療は有効!

日本でも、多くのクリニックが「FUT」による薄毛治療を行っていると宣伝しておりますが、 私が見る限り、首をかしげたくなるものがほとんどです。さらに、メガセッションの逆を行くこんな例さえあります。 あるクリニックのケースですが、そこでは、1000本を超える手術は時間がかかるとの理由で複数回の手術を勧めており、そればかりか、1本あたりの単価が1200円~4000円という法外なものなのだと言うのです。
日本人の場合、ドナーの密度が低く、頭皮が硬いので、一度にたくさんは取り難いのですが、 それでも条件がよければ3000株(6000本)以上取ることは可能です。1000本以上は出来ないなどは論外です。
手術回数が1,2度で済めば患者の負担は精神的にも経済的にも軽くなるのです。

植毛掲載記事

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ