横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

掲載記事

一覧に戻る

クリニック選びの重要性について:日刊ゲンダイ
2009年12月3日に掲載

人種による髪の毛の密度の違いや、ヘアラインの重要性についての記事内容となっております。
またクリニック選びの重要性についても掲載し、下記の通り纏めております。

人種によってきめ細かく対応するFUT

植毛先進国の欧米で多くのクリニックが採用する治療法ですが、人種によってきめ細かく対応する必要があります。
人種が違えば髪の色から質、本数等が異なってくるからです。
植毛を行う場合、こうした違いが大きなファクターとなり、特にアジア人と白人の違いは顕著になります。
さらに、日本人は頭皮が硬いことが多い為、多くのドナーを取りづらく、ケロイドを起こしやすく傷あとが目立つ事もあります。この点も植毛を行う際には十分な注意が必要となるのです。

施術の良し悪しがひと目で分かる植毛

植毛は、結果がひと目で分かる為に、施術の良し悪しが最も判断しやすい医療分野です。
それだけに、植毛には、薄毛部分をいかに濃く自然に仕上げるかという絶対的なポイントがあります。これを高いレベルで実現できるのが”FUT”なのです。
また、ヘアラインの形は仕上がりを大きく左右するだけに技術以上に医師のセンスが問われます。

クリニックの選択について

今までの説明から、同じ条件で植毛するなら、白人に比べてアジア人は不利です。
よりデリケートなテクニックが必要になり、ドナーも白人ほどたくさんは取れませんが、1度に2500株(5000本)以上を移植するメガセッションは可能です。
患者さんもクリニックの選択は慎重にしてほしいと思います。

植毛掲載記事

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ