横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

掲載記事

一覧に戻る

植毛界に最も必要なもの:日刊ゲンダイ
2009年10月1日に掲載

FUTの説明および、カウンセリングの重要性についての記事内容となっております。

自毛植毛の進化について

世界に目を向ければ、薄毛治療は日々進化しています。治療の選択も広がっていて、中でも現在究極の治療法は自毛植毛。日本でも多くの病院やクリニックで自 毛植毛なるものは行われていますが、首を傾げたくなるケースも多く、術後のトラブルを抱えて当院へ相談に来る患者さんも多いのです。
その原因の一つが、カウンセリングと施術者が別というケースです。カウンセリングは医療行為の一つであり、その後に続く手術全体をデザインする上で重要な作業なのです。カウンセリングから手術、アフターケアまで同じ医師が責任をもってあたらなければなりません。

幹細胞について

幹細胞を利用しての頭髪再生治療については「臨床実験などを経た上で実効性や安全性が一定の水準に達したなら福音ともなるでしょう。しかしエビデンスが少ない今、安易に実行するのは尚早だと思います。

植毛医を育てる研修機関

海外には当たり前にある植毛専門医を育てる研修期間が日本にはなく、
専門の知識や必要な訓練を受けた医師が育たない現状は、患者さんにとっても良い事では無い。

植毛掲載記事

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ