横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

掲載記事

一覧に戻る

国際基準の技術と費用:アサヒ芸能
2009年8月6日に掲載

他院の先生も治療を受けた事や、FUや実際の治療内容について、 その他ドナードミナンス等の記事内容となっております。

どこまで薄毛が進行するのか

現代の最新医学をもってしても正確に予測する事は困難な事です。
しかし、親や親族の髪の残存状態を参考に、ある程度は予測できるといいます。
「植毛した髪だけになるまで、薄毛を放置する方などいないはずです」もし薄毛が進行するような時は、既存の
髪を保つ薬物療法もあるし、補足的に再度の自毛植毛術を行うなど、必要に応じて対策を講じる事ができます。

手術後は患者の経過を長く見届ける

カルテは10年以上保存しているという当院では手術後は患者の経過を長く見届けるという理念があります。
また治療費に関しても国際相場で設定しており、営利優先で基準を超える事はモラルに反すると考えています。

自毛植毛術とは?

自毛植毛術とは、患者さんの後頭部にある髪を、毛根ごと薄毛の場所に自家移植する外科治療です。これは
現時点で唯一、しっかりとした自毛を再生できる治療法となっています。
そもそも後頭部の髪というのは、ハゲの主因といわれている男性ホルモンの影響を受けにくい毛根からはえているのです。 また、毛根にはもともとの性質を優先させる「ドナー・ドミナンス」という法則が働いています。

植毛掲載記事

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ