横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

掲載記事

一覧に戻る

薄毛治療に求められるもの:日刊ゲンダイ
2009年2月26日に掲載

ヨコ美クリニックでは1株あたり5~6ドルという世界基準となる価格を採用していることや、 薄毛の初期段階ではまず薬を試し、結果に満足できない場合は植毛に踏み切るといった患者に対して多様な選択枠を提供しているといった記事内容となっております。

世界の植毛技術の進歩は目覚ましい

植毛の技術は日進月歩であり、高密度にたくさん植える事が世界のトレンドになっています。
一方日本では植毛の密度を上げると定着率が下がる、一度に多くのドナーを採取するのは危険、という認識を持つクリニックが多いのが現状です。
今川院長は、「メガセッション(一度に数千本を高密度に植える)を否定するのは技術が追い付いていないだけ」との認識です。
多くの方はリーズナブルな費用で、1~2回の手術で薄毛の悩みを解消したいと考えています。日本の現状ではそれを目指さないクリニックが多いと感じでいます。

FUTとは

後頭部や側頭部からドナーを採取し、それを1つの毛穴単位で切り分けて、薄毛部分に植え付ける方法です。
植え付けるスリットが小さいほど自然な仕上がりとなる。逆に本数に対して株数が少なければ1つの株が大きいことを意味し、まばらで不自然な仕上がりになります。

薄毛治療に求められるもの

日本の植毛医は、「日々進化する技術に対して追いついていこうという考えを持つ医師が少ない」と今川院長。ヨコ美では薬剤治療もスタートしています。まず は薬での治療から始め、結果に満足いかなければ植毛を考えます。植毛と薬剤治療の併用も行っており、患者にとっての選択肢を増やす事が大事だと考えています。

植毛掲載記事

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ