横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

掲載記事

一覧に戻る

自然さが無ければ意味が無い:日刊ゲンダイ
2008年10月30日掲載

自然で高密度の自毛植毛を実現するにはFUTが最善の方法であり国際学会でもベストと評価されていることや、機械を使用した植毛は株にダメージを与えてしまい、結果的に発毛率がダウンしてしまうといった記事内容となっております。

クリニック選びは多くの情報を集めて比較検討する事が大事

植毛は一生に何度も経験するものではありません。
インターネット、口コミ、書籍等から情報を収集し、世界の植毛事情にも触れ、厳しく比較検討するのがベスト。日本の植毛医は専門的な知識、訓練を受けた医師が少なく、医療としてはお粗末なのが現状です。
治療費についても明確な価格体系がなく、患者にとって分かりにくい状況になっています。
ヨコ美クリニックではカウンセリングを重視し、患者が納得いくまで説明しています。HPで情報の公開もしています。
今川院長は年間600件もの植毛手術を経験し、日本で自分ほど植毛を手掛けた医者はいない との自信があります。

世界でのトレンド「FUT」

世界でトレンドになっているFUTとは、男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部、側頭部からドナー(植毛する毛) を採取し、顕微鏡で毛穴ごとに株分けして植毛する技術です。
患者ごとの状況に合わせて最適な施術方法が必要になり、高い技術、経験が要求されます。
植毛手術は、仕上がりの自然さが無ければ意味がない、と今川院長は考えます。

専門医の育成と治療価格の体系作りが急務

日本では、植毛をビジネスととらえている医者が多すぎる気がします。
植毛は最低1年以上の研修が必要であり、そのような体制を自前で作っていくという意識がクリニックごとに必要です。
ヨコ美クリニックはカウンセリング無料。多くの情報を得て、正しいクリニックを選びたいものです。

植毛掲載記事

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ