横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

掲載記事

一覧に戻る

患者の側に立った治療を:日刊ゲンダイ
2008年9月25日に掲載

日本人の植毛は、濃さ(密度)が重要という事や、メガセッションが世界のトレンドになりつつあるといったことについての記事内容となっております。

「FUT」が世界のスタンダードになっている

カナダ・モントリオール 国際毛髪外科学会のディベートにおいてMFU(FUTよりも大きな株を使用する方法)
を採用していた植毛医がFUTにシフトしている事を知り、FUTが世界のスタンダードになっている事を
改めて実感しました。
ただ。日本において厳密な意味でFUTを実施しているクリニックは少ないのが事実。
世界のスタンダード・FUT植毛を受けたいのであれば植毛医をしっかり選ぶ事が大切です。

メガセッションが世界のトレンドへ

FUTでも、メガセッション ※3000株(6000本)を一度に植える事が世界のトレンドになっています。
学会に出席するたびに技術の進歩がありますが、日本の植毛医も最新の技術にどんどん触れてほしいと考えています。
自分に都合のいい手術方でなく、患者が喜ぶ患者のためになる手術方をポピュラーにするように努力してほしい。

ヨコ美クリニックでは

ヨコ美クリニックでは3000株(6000本)の手術に8~9時間かけています。
短時間を売りにするクリニックもありますが、植毛は職人技とも言える技術、根気、ヘアラインを作る芸術性も求められます。いい手術を行うためには時間が必要です。

植毛掲載記事

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ