横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

掲載記事

一覧に戻る

広がる自家植毛:読売新聞
2008年7月18日 夕刊

60代半ばの男性の例
自毛植毛の手術の流れを60代半ばの男性を例に挙げてそれぞれの場面ごとに解説をしていく記事となっています。

ドナー採取

後頭部から、ドナー(植毛する毛)となる頭皮を切り取り、採取する。
この男性の例では、幅1.2センチ長さ32センチを切り取り、縫い合わせました。幅2センチまでならくっつけばわからなくなります。

株分け

看護婦6人が顕微鏡を使って頭皮を毛根単位で切り分けます。手術室では、頭に針を使って5mm程度の穴をあけていきます。今回は2268株 4663本 が採取できました。

植え付け

院長と看護婦が3人がかりで株を穴に植え付けていきます。「自然なヘアラインを再現する事が重要」とは今川院長の談。

手術後の経過

一度植え付けた毛は一旦休止期にはいり、ほとんどが抜けます。2~4か月の休止期を経て産毛が生え、本来の太さになります。効果を実感できるまで約10カ月程度かかります。

価格

価格は1本250円~550円程度。この患者の場合はざっと100万円程度の価格となります。

植毛掲載記事

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ