横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛なんでも相談室へ

治療前の注意点と血液検査

当院ではカウンセリング診断から施術まで
一貫して一人の医師が担当いたします。
[植毛] は医療行為です。責任を持って患者様の診断を行い、

お一人お一人に最適な植毛計画をご説明いたします。

手術当日までの注意点

植毛手術が安全だからといって油断は禁物。
注意点を守り、手術当日は万全の態勢で臨むよう心がける

植毛手術を受けた方に感想をうかがうと、「終わってみればあっという間だった」「歯医者さんとは比べ物にならないくらいリラックスできた」という方が多くいらっしゃいます。
実際、植毛手術は痛みを感じることもほとんどなく、しかも非常に安全な手術だと当院は確信しています。

ただ、いくら緊急事態が起こる可能性が低いとはいえ、体にメスを入れる手術であることに変わりはなく、油断は禁物です。以下に術前及び手術当日の基本的な注意点をあげておきます。

●術前1週間から
アスピリン(バッファリンも含む)、ビタミンEの服用はやめてください。
●手術前日
なるべく水分をとっておき、必ずシャンプーをし、十分に睡眠をとってください。
なお、アルコールは、翌日まで残らない程度の控えめな量であればOKです。
●手術当日(手術前)
予約の時間を厳守し、もし予約時間に遅れそうな場合は、必ず連絡してください。食事は手術の2時間前、水分は1時間前まではとってもかまいません。
  服装は、前開きで脱ぎやすいシャツなど、ゆったりしたものを着用し、頭部に引っかかるようなピッタリした服装は避けてください。また、大きめの帽子かバンダナを用意してください。
コンタクトレンズやはずせる入れ歯を装用していたり、常用薬がある方は医師に申し出てください。
●手術当日(手術後)
手術後、ドナーの傷のためにヘッドバンドをしていただきますが、翌朝まではずしたり、持ち上げたりしないでください。多少きつく感じても、ヘッドバンドをしっかり当てておくことが大切です。
もし出血が確認された場合は、出血したと思われる場所を10~15分押さえれば、すぐに止まるはずです。ケースによっては、緊急用に携帯電話の番号をお伝えしてスタッフと連絡がとれるようになっていますので、ご安心ください。
  抗生物質、腫れ予防の薬、鎮痛剤などが、投薬スケジュールとともに処方されますので指示通り使用してください。

運転については、手術中には精神安定剤を使用しており、手術が終わった時点では醒めているように感じていても、半日くらいはその影響が残ることになり、そのため反射神経が多少鈍くなる可能性があるので、当日は控えてください。

血液検査の目的は何か

目的は、コンディションチェックと感染症の有無について。
結果によって手術が受けられなくなる心配はまずない

医師と受ける方がお互い納得した上で、治療シナリオが決定すれば、あとは手術当日を待つのみとなります。術前の注意点はいくつかありますが、特別なことはありません。
ただひとつだけ、植毛を受ける方にしていただかなければならないことがあります。それが手術前の血液検査です。
それらは一般の病院で行って結果を送っていただいても一向にさしつかえありません。

◆術前に血液検査を行う目的は2つあります。

ひとつは術前のコンディションのチェックで、もうひとつが感染症の有無のチェックです。
まずひとつ目のコンディションのチェックについてご説明しましょう。
植毛は局所麻酔を基本とした皮膚の外科手術であり、全身にかかる負担はそれほど大きいものではありません。しかし高齢の方、あるいはもともと体に疾患があるという方は、やはり事前に行ったほうがよいでしょう。
その項目についてはケースバイケースです。

次に感染症についてです。
私のクリニックでは、針、注射器などの8割の器具は1回ごとのディスポーザルのものを使用しており、使い捨てできない器具については二重滅菌法を行っています。ですから、器具からの感染症リスクはあり得ませんが、私たちスタッフも血液からの感染のリスクにさらされることになるので、植毛手術を受ける方全員にお願いしています。

◆具体的には以下の項目についての検査ということになります。

(1) B型肝炎の抗原

(2) C型肝炎の抗体

(3) エイズ検査 (ご本人の希望時のみ行います)

術前に血液検査を行うと聞いて、「結果いかんでは手術が受けられないのでは……」と心配される方がいらっしゃいますが、検査結果によって、手術が行えなくなるということはまずありません。  
たとえば重度の糖尿病の場合、傷が化膿しやすかったり、傷の治りが悪いといったリスクがあります。
また、出血傾向のある方だと手術時に出血が多くなるなど、リスクが普通のケースに比べて高くなるのは当然です。
ただ、もしそのような症状があったとしても、クリニックに来られる以前に判明しているケースが多く、生命に関わることのない植毛手術をリスクを承知の上で受けるかどうかはご自身の選択になります。

実際、当院では、血小板が極端に少なく出血傾向のある方や腎不全で透析を受けている方、肝臓ガンの告知を受けた方などに植毛を行ったことがあります。
幸いなことにこれらのケースではとくにトラブルはなかったことを申し上げておきましょう。
もともと植毛手術は非常に安全な手術だと思います。

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ