横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛なんでも相談室へ

よくある質問

一覧に戻る

不自然なヘアラインは治せますか?

植毛したヘアに他人が違和感を感じるのは、ヘアラインが不自然であるケースが多い。
植毛担当医の技術レベルの問題も

植毛をする際の目標となるのは、何といっても “自然な仕上がり” ですが、とくに不自然さを感じさせることが多いのがヘアラインです。

他のクリニックで植毛手術を受け、「ヘアラインが気に入らないので治したい」と来院される方は少なくありません。この場合、どのように修正するかについては、カウンセリング時に受ける方と納得のいくまで相談することになります。

ヘアラインが不自然になってしまう理由としては、以下のような要因が考えられます。

(1) まずヘアラインの高さの問題があります。ヘアラインは年齢とともに上がるものなので、 20代の頃のイメージで低い位置に設定してしまうと将来的に問題が生まれる可能性があります。

(2) ヘアラインの形も重要です。男性は額の左右にそり込みを持つことが多いので、女性のようななだらかなラインだと不自然に感じてしまいます。

(3) 左右対称のヘアラインやまっすぐなヘアラインというのも不自然です。自然なヘアというのはランダムに生えていて、決して定規で引いたような直線状にはなりませんし、左右対称にもならないことはいうまでもありません。

(4) 不自然なヘアラインの毛流ができると、やはり不自然な印象を与えます。

(5) ピットスカー(移植毛の根本のへこみ)ができると違和感を感じます。

(6) 株のサイズでも問題が起こります。MFU株をヘアラインに植えた場合、不自然になりがちです。

(7) 非常にデリケートな問題ですが、ドナー部分のヘアが非常に太い場合はFUE株をそのまま植えてもコントラストが少し強くでてしまうことがあります。
ヘアラインでは、FUでも1本毛や2本毛を用いれば、株が大きすぎるという心配はなくなります。しかし、それでもヘアが太すぎて目立つかもしれないと感じたら、2本毛の株をわざと1本ずつに分けて植え込むなどのテクニックを使うことになります。

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ