横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛なんでも相談室へ

よくある質問

一覧に戻る

発毛したヘアのカールは治りますか?

発毛したヘアがカールする原因は現在のところまだわかっていない。
気になる場合はストレートパーマなどで対応を

発毛したばかりのヘアの大部分は、細くややカールしているように見えます。

欧米人の場合はもともとカールしている場合が多いので、さほど問題ではありませんが、東洋人は直毛が多く、それを気にする方も少なくないようで、何度かこのことに関する質問をいただきました。

通常、それらは1年半~2年くらいたつと、直毛に近くなることがほとんどです。
しかし、カールしているヘアが絶対に直毛になるかといえば、そうとはいえないというのが実際のところです。まれにカールが残ることもあり得るということです。(1~2%)

ヘアのカールに関しては原因がまだわかっていないこともあり、術前の予知や予防は不可能です。

カールが起こる原因のひとつとして考えられるのは、植え込み時に株が受ける軽度のダメージです。ドナーを入れる際に、どんなにていねいに植えたとしても、外側のキューティクルにマイルドなダメージを与える可能性があります。

ほかにも、人工毛を植えて瘢痕になっている部位への植え込みをした場合、カールする確率は高くなります。これは傷の部分はどうしても硬くなり、血行がよくないことが原因と思われます。つまり株にとって瘢痕組織は、普通の頭皮より条件が悪いというわけです。

カールが気になる方の対策として、以下の方法をあげておきます。

(1) 気になってもあまり手でいじらないようにする。気にしすぎていじったことが原因で、さらにカールがひどくなることがある。

(2) 美容院でストレートパーマをかけても問題はないので、相談してみる。 

(3) 2とは逆に、美容院でパーマをかけて、ヘア全体を軽くカールさせてみる。

(4) ヘアの密度が低いとカールが目立つことがあるので、もう少し植毛を続けて密度を上げる。

カールが気になるようであれば、植毛後、1年以上様子を見た上で、1~4の方法を検討していただくとよいでしょう。

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ