横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛なんでも相談室へ

よくある質問

一覧に戻る

自分には何本の植毛が必要なのか、その目安は?

自分に何本の植毛が必要かを知るためには、
まず植毛したい面積を割り出し、80本/cm²として計算するとよい

「いったい自分は何本のヘアを植える必要があるのか」
これは植毛を考えている方々が最も知りたい内容のひとつではないでしょうか。

植毛面積の割り出し方

多くのクリニックでは、1回に1200本とか1500本とか、そこで植えることが可能な本数をもとに割り出しているようですが、これは植毛する側にとって都合のいい考えでしかありません。
もちろん1回のヘア数を増やす努力にも限界はありますが、理想的にはその方が本当に必要とするヘア数、または株数から割り出すべきでしょう。

そこで、ご自身で何本の植毛が必要かを計算する簡単な方法をご説明しておくことにします。  
まずは植毛したい部分の面積を計算します。このとき、形を単純な三角形や四角形、または円に置き換えるほうがやりやすいでしょう。そして、その面積(cm²)×最大80本として計算して出た数字が、本当に必要な植毛の本数の目安ということになります(右図参照)。

なお、植毛したい部分に透明なラップをのせてマジックペンで輪郭をとり、方眼紙に当てて面積を測るというユニークな方法もあります。ただこれらの計算によると、広い範囲の場合には、 何万本も植毛が必要なケースが起こります。ドナーの負担からいっても、当然無理のあるときは、ポイントを決めて植毛を行うことになります。

たとえば、比較的高齢の方の中には「1回の植毛だけにして、多少薄くてもいいです」といったかなり現実的な希望をお持ちの方が多いものです。
こうした場合は、フロントフォーロック(frontal forelock)、つまり正面から見てヘアライン中央付近にヘアのかたまりをつくります。こうするだけで、印象がかなり変わってきます。   
薄毛が進行して残っているドナーが少ない場合でも、全体にバラバラと植えるより、このようにすれば顔がぐんと縮まって見えてきます。

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ