横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛なんでも相談室へ

よくある質問

一覧に戻る

痛みの心配はあるのでしょうか?

ドナー採取時と植え込みの際は、局所麻酔と精神安定剤を
併用するので、痛みの心配はまずないと考えてよい

「植毛をするときに痛みはないのか」このことは、どんな種類のものであれ、手術を受けるとなれば誰もが真っ先に頭に思い浮かべることのひとつでしょう。
結論からいうと、植毛手術で痛みを感じることはほとんどないはずです。

ヨコ美クリニックでは、ドナー採取と植え込みの開始時に局所麻酔をし、そのときに静脈注射または内服薬による精神安定剤投与を併用しています。

ドナー採取では、後頭部のドナーの面積が大きいほど麻酔を打つ箇所も増えるので、受けている方が精神安定剤でウトウトしている間に縫合まで終えられるようにしています。
植え込みの際も局所麻酔をしますが、これは一瞬チクッとする程度です。精神安定剤を併用すれば、眠っていてその痛みを感じることもほとんどないでしょう。

なお、当院では、局所麻酔には安全性の高いリドカインを使用していますが、通常歯科で使われる濃度の20分の1程度という超低濃度液ですから、広い範囲にも安心して使えます。
この方法は、トゥメッセントテクニック(tumescent technique)といわれるものです。

さて、精神安定剤の効き方は人それぞれですが、私の経験からいうとドナー採取時の全プロセスと、植え込み時の前半(30分~1時間)は、ほとんどの方が眠っていらっしゃいます。
株分けや植え込みの後半は意識が戻っていますので、眠くなければ、テレビを観たり読書をすることが可能です。植え込みの後半は、テレビを観ている方が多いようです。
また、植え込み中は指先にパルスオキシメーター(酸素飽和度をチェックするモニター)のプローベを常時装着していただき、血圧や、場合によっては心電図をモニターして緊急の事態にも対応できる体制を整えています。

血圧計や血管確保のためのストッパーも安全上使用させていただいていますが、これらによってとくに不自由を感じることはないでしょう。
実際、植毛手術を受けた方に聞いてみると、大部分は「歯科の抜歯などの処置よりも痛くなかった」という印象を持たれているようです。
なお、術後、FUTの場合には、手術当日に軽い痛みを感じることがありますが、軽い痛み止めを服用すれば痛みが軽減するはずです。
これも約半数の方は服用の必要もないほどです。ただ、まれに強めの鎮痛剤を希望される方もいらっしゃいますが、それは例外的なことだと思います。ちなみにFUEはFUTに比べもっと痛みがないのが特徴です。
植え込んだ部分には小さなスリットがたくさんありますが、通常はその場所に触らなければ痛みはありません。

一覧に戻る

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ