横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

学会発表

 

2015年 学会発表スケジュール

■10月1日-4日

ISDS 36th Annual Meeting of the International Society for Dermatologic Surgery
演題:「Beard Transplantation」
場所:韓国、ソウル、COEX Convention Center

■9月9日-13日

ISHRS 23rd Annual Scientific Meeting of International Society of Hair Restoration Surgery
場所:アメリカ、シカゴ

■5月20日-23日

中国毛髪外科学会
演題:「Facial Hair Transplantation」
場所:中国、杭州

■3月28日-29日

AAHRS 4TH ANNUAL SCIENTIFIC MEETING
演題:「Our approach of Eyebrow Transplantation」
場所:タイ、バンコク

2014年 学会発表スケジュール

■9月29-30日

第34回 日本美容外科学会総会(JSAPS)
場所:福岡
演題:「Hair Transplantation in Cicatricial Alopecia」

■8月18日

第11回 国際形成外科学会 シンポジウム
場所:中国(ウルムチ)
演題:「Megasession Hair Tranplantation in Asians」

■7月16日

第111回 日本美容外科学会(JSAPS)
場所:聖路加看護大学
演題:「女性のヘアラインについて」

■6月24-26日

第1回 アジア毛髪外科学会:assosiation of Hair Restoration Sungenos(AAHRS)
場所:バンコク
演題:
・DONOR HARVESTING IN HAIR TRANSPLANTATION:Strip Harvesting
・SPECIAL SITE HAIR TRANSPLANTATION:Eyebrow transplantation
・COMPLICATION IN HAIR TRANSPLANTATION:Tenting and ridging correction
・PANEL DISCUSSION:Anesthesia and sedation

■5月24-29日

第22回 世界皮膚科学会:22nd World Congress of Dermatology(WCD2011)
場所:ソウル
演題:「Megasession Hair Transplantation in Asians」

■1月15日

第110回 日本美容外科学会
場所:東京
演題:「メガセッション植毛法-第2報-」

2013年 学会発表スケジュール

■11月22日

HAIRCON2013 AAHRS (Asian Association of Hair Restoration Surgeons:アジア毛髪外科学会)
場所:インド・バンガロール
演題: Hair transplantation in scar tissue

AAHRS (Asian Association of Hair Restoration Surgeons:アジア毛髪外科学会)

■8月31日

ISDS(International Society for Dermatologic Surgery:国際皮膚外科学会)
場所:クロアチア・ドゥブロヴニク
演題:State of the Art in 2013 in Hair Transplantation

ISDS(International Society for Dermatologic Surgery:国際皮膚外科学会)

■4月12日

GENDER AESTHETIC CONGRESS ASIA 2013
場所:シンガポール
演題:Hair Transplantation in Cicatricial Alopecia

air Transplantation in Cicatricial Alopecia Abstract

Hair loss from diseases or isolated events might result in patients' extreme discomfort and mental conflict.
Major approaches for cicatricial alopecia have been scar revision with / without a tissue expander & flaps and hair transplantation had been rarely performed because many colleagues have the apprehension of decreased donor
hair survival in tissue with limited blood supply. However, modern hair transplantation is also very effective for cicatricial alopecia and good results could be obtained with appropriate techniques.
Cases are presented and the strategies of hair transplantation into the scar tissue will be discussed and the keys for achieving optimal results are summarized as follows: Evaluate that scar is not in inflammatory process but dormant.
Use exclusively follicular unit graft.
Use lower concentration of epinephrine in tumescence.
Avoid dense packing.
Make acute angled incision in atrophic scar.
Use longer interval between sessions.

■3月21日

第12回日本再生医療学会総会
場所:横浜
パネルディスカッション:毛髪再生の最先端 「植毛医療の現状」

日本再生医療学会総会の写真 今川院長による最新植毛医療の解説

植毛術においては1960年初頭から30年間にわたりmacrograftが使われ続けたが、1980年代後半にその不自然さを克服する手段としてより小さな株を併用する試みがなされ、1991年にUebelはmicrograftとminigraftのみによる施術を 報告した。
その後1994年にLimmerは帯状に採取された頭皮を頭髪の解剖学的用語であるFollicular Unit(FU)毎に 株分けするFollicular Unit Transplantation(FUT)の概念を提唱し、本術式はまたたく間に標準術式となった。
さら にRassman、Bernsteinらは稲葉の手技を発展させたFollicular Unit Extraction(FUE)を2001年に発表し、ドナー部 に線状瘢痕ができない利点が注目され急速に普及していった。

FU株のトレンドによって“自然さの達成”という目標は克服され、もう一つの課題である“十分な濃さの達成”も高密度植毛術により1度の施術のみで満足すべき濃さ が得られる症例は増加しつつある。一度の施術における株数も次第に増加し最近は2500株以上と定義されるメガセッ ションは日常的に行われるようになったが、欧米では4000株以上を意味するギガセッションという用語も登場している。
多量植毛術は治療可能な症例を大幅に増加させたが、移植毛の1対1の移動である以上やはりドナー部による 制約を受ける。AGAの影響を受けない安全な領域から採取されるFUの総数は6000程度であり、30,000のFUの喪失があるとされる男性型脱毛症の進行例(NorwoodVI ~ VII)では、全脱毛部位への十分な濃さの達成は不可能である。
移植毛の採取の限界については細胞培養などによる毛包再生療法が解決策になりえようが、現時点では多量植毛術 の徹底、ドナー採取や株分け過程での毛根切断などによる移植毛の喪失を最小限にする工夫、移植過程での生着率 の向上などのさらなる努力が求められる。

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ