横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛相談室へ

学会発表

 

2012年 学会発表スケジュール

■10月18日-20日

ISDS(International Society for Dermatologic Surgery:国際皮膚外科学会)33rd Annual Meeting
場所:ルツェルン/スイス
演題:「Our approach of eyebrow transplantation」

■7月29日

第6回見た目のアンチエイジング研究会
場所:東京
演題:「AGAと植毛術」

■7月7日

日本美容外科学会(JSAPS) 第114回学術集会
場所:京都
演題:「睫毛再建術における新しい植毛術の試み」

■6月3日

日本臨床形成美容外科医会 H24年 春の臨床形成美容外科医会
場所:東京
演題:「瘢痕性脱毛症への植毛術」

■5月24-27日

ISHR(Italian Society for Hair Restoration:イタリア毛髪学会) XIV Congresso Internazionale ISHR
場所:ローマ、イタリア

■5月11-13日

AAHRS(Asian Association of Hair Restoration Surgeons:アジア毛髪外科学会) 2nd Annual Scientific Meeting
場所:ソウル、韓国
演題:「Hair Transplantation in Cicatricial Alopecia」

■1月21日

第113回 日本美容外科学会(JSAPS)
場所:東京
演題:「瘢痕性脱毛症への植毛術」

2011年 学会発表スケジュール

■9月29-30日

第34回 日本美容外科学会総会(JSAPS)
場所:福岡
演題:「Hair Transplantation in Cicatricial Alopecia」

■8月18日

第11回 国際形成外科学会 シンポジウム
場所:中国(ウルムチ)
演題:「Megasession Hair Tranplantation in Asians」

■7月16日

第111回 日本美容外科学会(JSAPS)
場所:聖路加看護大学
演題:「女性のヘアラインについて」

■6月24-26日

第1回 アジア毛髪外科学会:assosiation of Hair Restoration Sungenos(AAHRS)
場所:バンコク
演題:
・DONOR HARVESTING IN HAIR TRANSPLANTATION:Strip Harvesting
・SPECIAL SITE HAIR TRANSPLANTATION:Eyebrow transplantation
・COMPLICATION IN HAIR TRANSPLANTATION:Tenting and ridging correction
・PANEL DISCUSSION:Anesthesia and sedation

■5月24-29日

第22回 世界皮膚科学会:22nd World Congress of Dermatology(WCD2011)
場所:ソウル
演題:「Megasession Hair Transplantation in Asians」

■1月15日

第110回 日本美容外科学会
場所:東京
演題:「メガセッション植毛法-第2報-」

2010年 学会発表スケジュール

■11月1日~3日

第12回 東洋美容外科学会 OSAPS 2010
場所:東京
演題:「Megasession in Asians」

■10月6日~8日

第33回 日本美容外科学会総会
場所:京都
セミナー:「私の選択と集中」
演題:「メガセッション植毛術」

■9月10日~12日

HAIRCON 2010
場所:インドMt.Abu
演題
・Our approach of eyebrow transprantation
・Our approach of eyelash transplantation
・Megasession in Asians
・Japanese Way ( video )

■7月17日

第108回 日本美容外科学会学術集会
場所:札幌
演題:「大きな株を用いた植毛術による不自然さの解消法」

■6月25日~27日

国際毛髪外科学会
場所:タイ バンコク

■5月27日~29日

ヨーロッパ毛髪外科学会(ESHRS)
場所:ウィーン
演題:「My eyebrow transplant」

■5月21日~22日

第13回イタリア毛髪外科学会
場所:カプリ
演題:「Our approach of eyebrow transplantation」

イタリア毛髪外科学会で「Tiberio賞」を受賞。受賞者とのスナップ写真。

■1月9日

第107回日本美容外科学会学術集会
演題:「当院における眉毛植毛」

〈抄録〉
皮弁法をはじめ種々の方法によって眉毛再建は行われてきたが、自然さという点で単一毛植毛術が断然優れている。
我が国では現在まで単一植毛針を用いた施術が多く行われてきたが当院では22~24ゲージの注射針を用いてスリットを作成し単一毛をマイクロ摂氏を用いて挿入する施術を行っている。
術式のポイントは
* 顕微鏡下の株分けと拡大鏡を用いる植えつけを行う。
* 移植毛はすべて1cmていどの長さの細い単一毛に株分けする。
* 22~24ゲージ注射針の先端をおりまげたものでスリットの作成を行う。
* スリット作成と植えつけを同時に行う、いわゆるstick-and-place法を用いてデンスパッキングを行う。
などである。実際の手技をDVDで供覧し若干の考察を行う。

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ